lgf01a201311131100

Googleアナリティクスでタグ(トラッキングコード)を設置【簡単2ステップ】


いざGoogleアナリティクスを始めようとしたものの、

「Googleアナリティクスは導入できたけれど、この後何をどうすればいいんだ…」

「どうやらタグ?トラッキングコード?を設定しなきゃいけないらしいが…どうやるの…」

となってしまうことも特に初心者の方の中には少なくないと思います。

 

本記事では、こんな悩みをもつアナタに向けて、Googleアナリティクスには必須のトラッキングコードについて、その意義と具体的な設定方法を解説します!

1_1

1. タグ(トラッキングコード)とは?~仕組みと設定する理由~

 

 トラッキングコードとは、Googleアナリティクスでデータを計測するために、サイトのページに設置するコードのことで、タグとも呼ばれます。

 ユーザーがページを訪問すると、ページ内に設置されたこのトラッキングコードが読み込まれ、Googleサーバーへデータが送られます。Googleアナリティクスは、このようにして得られたデータを計測しています。

 逆に言うと、ページ内にこのトラッキングコードを設置していなければ、そのページのデータはGoogleアナリティクスで計測することができません。

 したがって、アクセス解析の前提となるデータ計測をするためには、トラッキングコードを設置する作業は必要不可欠といえるのです。具体的には、計測したい全てのページにトラッキングコードを設置することになります。

 

2. タグ(トラッキングコード)の具体的な設置方法

 

それでは実際どのように設定したらよいのでしょうか。といってもそんなに難しいことはなく、

(1)トラッキングコードを確認、コピー

(2)計測したいページ全てに貼り付け

 という2ステップで終わります。以下、具体的に解説していきます。

 

(1)トラッキングコードを確認、コピー

 

Googleアナリティクスを開き、「管理」>「プロパティ」>「トラッキング情報」>「トラッキングコード」をクリックしましょう。

ga_4_1

すると、以下ような画面が出てきます。「ウェブサイトのトラッキング」の欄に表示さえているのがトラッキングコードです。コピーして、メモ帳などに保存しておきましょう。

ga_4_2

 

 

ちなみに上部にある「UA-00000000-0」というのは「トラッキングID」というもので、プロパティ毎に異なっています。つまりあなたのサイト(プロパティ)の固有のIDと言えます。

 

(2)計測したいページ全てに貼り付け

 

それではコピーしたトラッキングコードを設置していきましょう。

設置する場所ですが、どこでも作動すると言えばするのですが、Googleが推奨するようにHTMLコードの</head>のタグの直前に入れましょう。以下の簡単な例だと、灰色の部分がトラッキングコードで、ここに設置します。

 

<head>

<script>

 (略)

</script>

</head>

 

 なおトラッキングコードの貼り付けは、すべてのページに一つ一つ貼り付けていくのが基本なのですが、Wordpressなどは、管理画面に一つ貼り付ければ、それでOKという場合もあります。自分のサイトがどのような場合に該当するのか確認してから、設置作業に入ると効率的です。

 

このように計測したいページ全てにコードを貼り付ければ作業は完了です。

 

3まとめ〜タグの設置は解析のカナメでありスタート!!

 

 以上のように、トラッキングコードはGoogleアナリティクスでデータを計測する大前提であり、データはアクセス解析のカナメです。コードの設置にミスや漏れがあれば、当然計測されるデータも誤ったものになってしまい、結果、有効な解析を行えなくなってしまいます。


 地味な作業ではありますが、アクセス解析の良いスタートを切れるように、丁寧に作業してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − six =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)