Googleアナリティクスでイベントトラッキングを設定する【基本から解説!】


みなさん、Googleアナリティクス活用されているでしょうか。

 

「会員登録、購入完了といった到達ページを目標とする分析はバッチリだけど、ダウンロードやクリックを目標とするやり方も知りたい!」

といった方もいらっしゃると思います。

 

 そこで今回はそんなあなたにイベントを目標とする設定、すなわちイベントトラッキングの設定について解説していきたいと思います。到達ページに加えて、イベントも計測できるようになれば、分析の幅もさらに広がり、ますますGoogleアナリティクスを活用できます。

 

 もちろん、初心者の方でも、基本から説明していますのですぐに理解できると思います。

1_1

 

1.イベントトラッキングとは?

 

 みなさんはGoogleアナリティクスで主に「ページの閲覧」を主に計測しているかと思います。

しかし、ユーザーの行動はページを閲覧することだけではなく、「問い合わせ用の電話ボタンのタップ」、「pgfのダウンロード」、「リンクをクリック」など様々です。

 

 イベントとは、これら「タップ」、「ダウンロード」、「クリック」などのユーザー行動のことで、イベントトラッキングとはまさにそのような行動を計測することです。

 イベントトラッキングを設定すれば、イベントをコンバージョン(目標)とするアクセス解析が可能になります。

 

2.イベントトラッキングを設定してみよう

 それでは具体的な設定方法を説明していきます。ここでは「リンクのクリック」を例に取り上げます。

基本的な流れとしては、

(1)元のコードを確認

(2)イベントトラッキングコードを記述に追加

(3)Googleアナリティクスで目標に設定

の3ステップです。

 

(1)元のコードを確認してみよう

ページにリンクを貼ってある場合、以下のようなコードが設置されていると思います。

この例だと、http://AAA.com というサイトへのリンクが貼ってあることになります。

 

<a href=”http://AAA.com”>外部リンク</a>

 

(2)イベントトラッキングコードを記述に追加しよう

次に、上のコードに、イベントを計測するためのコード(イベントトラッキングコード)を追加します。

下の例の赤字の部分がイベントトラッキングコードです。

 

<a href=”http://AAA.com” onClick=”ga(‘send’, ‘event’,  ‘link’, ‘click’, ‘http://AAA.com’);”>外部リンク</a>

 

さてイベントトラッキングコードの各部分の意味を簡単に説明すると、まず

 onClick=”ga(‘send’,’event’,  …);”の部分は固定コードで、クリックがイベントとして計測され、Googleアナリティクスに送信されることをあらわしています。

 

次に ‘link’, ‘click’, ‘http://AAA.com’の部分ですが、順に「カテゴリ」「アクション」「ラベル」といい、自らが計測する対象に合わせて、任意に記載します。

 

・「カテゴリ」は、リンクやダウンロードなどを記載します。今回はリンクに関して計測するため、linkとしています。

・「アクション」は今回はクリックについて計測するため、clickとしています。

・「ラベル」はアクションの詳細です。例では、’http://AAA.comというリンク先を記入しています。

 

以上でコードの追加は完了です。

 

(3)Googleアナリティクスで目標に設定してみよう

さて、イベントトラッキングコードの記述を追加したら、Googleアナリティクスで目標設定します。

Googleアナリティクスを開き、「管理」>「目標」>「+新しい目標」をクリックします。

2_3

「1.目標設定」では、「カスタム」にチェックを入れ、「続行」します。

2_4

 

次に「2.目標の説明」では、「名前」の欄にイベント名(ここでは「リンクのクリック」)を記入し、「イベント」にチェックをいれて、「続行」します

ga_5_1

最後に「3.目標の詳細」では先ほど説明した、「カテゴリ」「アクション」「ラベル」の値をいれて、「保存」します。

ga_5_2

 

これでGoogleアナリティクス上の目標設定は完了です。

 

<参考>イベントトラッキングと直帰率の計算について

イベントトラッキングは直帰率の計算に影響してきます。

 

すなわち、「ある1つのページしか見ていないが、そのページでイベントが発生した場合」、実際には1ページしか見ていなくても、イベントが発生したことで、直帰とはみなされません(=つまりページ遷移があったとみなされる)

このような場合に直帰とみなしたい場合、先ほどのコードに以下の赤字部分を追加すると、直帰とみなされます。

<a href=”http://AAA.com” onClick=”ga(‘send’, ‘event’,  ‘link’, ‘click’, ‘http:/

/AAA.com’,{ nonInteraction: true });”>外部リンク</a>

 

3.イベントトラッキング設定で分析の幅が広がる!

  イベントトラッキングの設定いかがだったでしょうか。目標となる対象が増えたことによって、分析の幅が広がり、より有効なアクセス解析に近づいた、と思っていただければ幸いです。

 これからもGoogleアナリティクスを使いこなし、豊かな分析ライフを過ごしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)