投稿者「OhYeah」のアーカイブ

ga_1

【Googleアナリティクス】複数のサイトを分析したいときに役立つ知識とその方法

l_278

みなさん、こんにちは!

 突然ですが、アクセス解析を行うみなさんの中には、複数のサイトを管理・運営している方もいらっしゃると思います。そんなとき

「2つ目のサイトを分析するには、Googleのアカウントを新たに取得するの?それとも他に方法があるの?」

 といった疑問がわいてくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では、Googleアナリティクスで2つめ以降のサイトを分析したいときに役立つ知識とその具体的な方法を説明していきます。

 

1. 複数サイト分析には、1つのアカウントでOK!

  タイトルにあるように、2つめ以降のサイトを分析するのに、Googleアカウントを新たに追加取得する必要はありません。

  実は、1つのGoogleアカウントで、5000サイトの分析ができます。

 具体的に言うと、一つの「Google」アカウントで、100個の「Googleアナリティクス」のアカウントを取得できます。そして、1つの「Googleアナリティクス」アカウントで50個の「プロパティ」(サイト)を設定できます。

 結果、Googleアカウント1つで、100×50=5000個のサイトを分析できるというわけです。

 つまり、2~5000個めのサイトを分析するのであれば、すでに持っているGoogleアカウントを使えば問題なしということです。

2.具体的な設定方法

 さて、複数サイトを分析するための設定方法を具体的に説明していきます。

 すでに1つのサイトを分析しているという方は、現在使っているGoogleアナリティクスアカウント1つで、50プロパティまで分析できますので、今回はその手順を紹介します。

 手順としては、(1)~(3)の3ステップです。

(1)まず「管理」>「プロパティ」>「新しいプロパティを作成」をクリックします。

ga_1

(2)次に以下のような画面になるので、新たに分析したいウェブサイトの情報を入力します。

ga_2

 具体的には、「ウェブサイトの名前」「ウェブサイトのURL」「業種」「レポートのタイムゾーン」を記載し、「トラッキングIDを取得」のボタンをクリックします。

(3)最後に、下記のような画面になります。トラッキングコードをコピーして、追加するサイトのソースに貼り付けます。

ga_3_1

 ちなみにトラッキングコードの設置については、Googleアナリティクスでタグ(トラッキングコード)を設置【簡単2ステップ】 にて解説していますので、合わせて参照してみてください。

以上でサイトの追加は完了です。

3.まとめ~様々なサイトを分析してみよう

 いかがだったでしょうか。ウェブサイトが秘めている集客力はわたしたちが想像しているよりもずっと大きいものです。手元にあるサイトを分析してみると意外な成果につながるかもしれません。

 複数のサイトを運営している方は、ぜひまだ分析していなサイトも分析してみてください。

Googleアナリティクスでイベントトラッキングを設定する【基本から解説!】

みなさん、Googleアナリティクス活用されているでしょうか。

 

「会員登録、購入完了といった到達ページを目標とする分析はバッチリだけど、ダウンロードやクリックを目標とするやり方も知りたい!」

といった方もいらっしゃると思います。

 

 そこで今回はそんなあなたにイベントを目標とする設定、すなわちイベントトラッキングの設定について解説していきたいと思います。到達ページに加えて、イベントも計測できるようになれば、分析の幅もさらに広がり、ますますGoogleアナリティクスを活用できます。

 

 もちろん、初心者の方でも、基本から説明していますのですぐに理解できると思います。

1_1

 

1.イベントトラッキングとは?

 

 みなさんはGoogleアナリティクスで主に「ページの閲覧」を主に計測しているかと思います。

しかし、ユーザーの行動はページを閲覧することだけではなく、「問い合わせ用の電話ボタンのタップ」、「pgfのダウンロード」、「リンクをクリック」など様々です。

 

 イベントとは、これら「タップ」、「ダウンロード」、「クリック」などのユーザー行動のことで、イベントトラッキングとはまさにそのような行動を計測することです。

 イベントトラッキングを設定すれば、イベントをコンバージョン(目標)とするアクセス解析が可能になります。

 

2.イベントトラッキングを設定してみよう

 それでは具体的な設定方法を説明していきます。ここでは「リンクのクリック」を例に取り上げます。

基本的な流れとしては、

(1)元のコードを確認

(2)イベントトラッキングコードを記述に追加

(3)Googleアナリティクスで目標に設定

の3ステップです。

 

(1)元のコードを確認してみよう

ページにリンクを貼ってある場合、以下のようなコードが設置されていると思います。

この例だと、http://AAA.com というサイトへのリンクが貼ってあることになります。

 

<a href=”http://AAA.com”>外部リンク</a>

 

(2)イベントトラッキングコードを記述に追加しよう

次に、上のコードに、イベントを計測するためのコード(イベントトラッキングコード)を追加します。

下の例の赤字の部分がイベントトラッキングコードです。

 

<a href=”http://AAA.com” onClick=”ga(‘send’, ‘event’,  ‘link’, ‘click’, ‘http://AAA.com’);”>外部リンク</a>

 

さてイベントトラッキングコードの各部分の意味を簡単に説明すると、まず

 onClick=”ga(‘send’,’event’,  …);”の部分は固定コードで、クリックがイベントとして計測され、Googleアナリティクスに送信されることをあらわしています。

 

次に ‘link’, ‘click’, ‘http://AAA.com’の部分ですが、順に「カテゴリ」「アクション」「ラベル」といい、自らが計測する対象に合わせて、任意に記載します。

 

・「カテゴリ」は、リンクやダウンロードなどを記載します。今回はリンクに関して計測するため、linkとしています。

・「アクション」は今回はクリックについて計測するため、clickとしています。

・「ラベル」はアクションの詳細です。例では、’http://AAA.comというリンク先を記入しています。

 

以上でコードの追加は完了です。

 

(3)Googleアナリティクスで目標に設定してみよう

さて、イベントトラッキングコードの記述を追加したら、Googleアナリティクスで目標設定します。

Googleアナリティクスを開き、「管理」>「目標」>「+新しい目標」をクリックします。

2_3

「1.目標設定」では、「カスタム」にチェックを入れ、「続行」します。

2_4

 

次に「2.目標の説明」では、「名前」の欄にイベント名(ここでは「リンクのクリック」)を記入し、「イベント」にチェックをいれて、「続行」します

ga_5_1

最後に「3.目標の詳細」では先ほど説明した、「カテゴリ」「アクション」「ラベル」の値をいれて、「保存」します。

ga_5_2

 

これでGoogleアナリティクス上の目標設定は完了です。

 

<参考>イベントトラッキングと直帰率の計算について

イベントトラッキングは直帰率の計算に影響してきます。

 

すなわち、「ある1つのページしか見ていないが、そのページでイベントが発生した場合」、実際には1ページしか見ていなくても、イベントが発生したことで、直帰とはみなされません(=つまりページ遷移があったとみなされる)

このような場合に直帰とみなしたい場合、先ほどのコードに以下の赤字部分を追加すると、直帰とみなされます。

<a href=”http://AAA.com” onClick=”ga(‘send’, ‘event’,  ‘link’, ‘click’, ‘http:/

/AAA.com’,{ nonInteraction: true });”>外部リンク</a>

 

3.イベントトラッキング設定で分析の幅が広がる!

  イベントトラッキングの設定いかがだったでしょうか。目標となる対象が増えたことによって、分析の幅が広がり、より有効なアクセス解析に近づいた、と思っていただければ幸いです。

 これからもGoogleアナリティクスを使いこなし、豊かな分析ライフを過ごしていきましょう!

lgf01a201311131100

Googleアナリティクスでタグ(トラッキングコード)を設置【簡単2ステップ】

いざGoogleアナリティクスを始めようとしたものの、

「Googleアナリティクスは導入できたけれど、この後何をどうすればいいんだ…」

「どうやらタグ?トラッキングコード?を設定しなきゃいけないらしいが…どうやるの…」

となってしまうことも特に初心者の方の中には少なくないと思います。

 

本記事では、こんな悩みをもつアナタに向けて、Googleアナリティクスには必須のトラッキングコードについて、その意義と具体的な設定方法を解説します!

1_1

1. タグ(トラッキングコード)とは?~仕組みと設定する理由~

 

 トラッキングコードとは、Googleアナリティクスでデータを計測するために、サイトのページに設置するコードのことで、タグとも呼ばれます。

 ユーザーがページを訪問すると、ページ内に設置されたこのトラッキングコードが読み込まれ、Googleサーバーへデータが送られます。Googleアナリティクスは、このようにして得られたデータを計測しています。

 逆に言うと、ページ内にこのトラッキングコードを設置していなければ、そのページのデータはGoogleアナリティクスで計測することができません。

 したがって、アクセス解析の前提となるデータ計測をするためには、トラッキングコードを設置する作業は必要不可欠といえるのです。具体的には、計測したい全てのページにトラッキングコードを設置することになります。

 

2. タグ(トラッキングコード)の具体的な設置方法

 

それでは実際どのように設定したらよいのでしょうか。といってもそんなに難しいことはなく、

(1)トラッキングコードを確認、コピー

(2)計測したいページ全てに貼り付け

 という2ステップで終わります。以下、具体的に解説していきます。

 

(1)トラッキングコードを確認、コピー

 

Googleアナリティクスを開き、「管理」>「プロパティ」>「トラッキング情報」>「トラッキングコード」をクリックしましょう。

ga_4_1

すると、以下ような画面が出てきます。「ウェブサイトのトラッキング」の欄に表示さえているのがトラッキングコードです。コピーして、メモ帳などに保存しておきましょう。

ga_4_2

 

 

ちなみに上部にある「UA-00000000-0」というのは「トラッキングID」というもので、プロパティ毎に異なっています。つまりあなたのサイト(プロパティ)の固有のIDと言えます。

 

(2)計測したいページ全てに貼り付け

 

それではコピーしたトラッキングコードを設置していきましょう。

設置する場所ですが、どこでも作動すると言えばするのですが、Googleが推奨するようにHTMLコードの</head>のタグの直前に入れましょう。以下の簡単な例だと、灰色の部分がトラッキングコードで、ここに設置します。

 

<head>

<script>

 (略)

</script>

</head>

 

 なおトラッキングコードの貼り付けは、すべてのページに一つ一つ貼り付けていくのが基本なのですが、Wordpressなどは、管理画面に一つ貼り付ければ、それでOKという場合もあります。自分のサイトがどのような場合に該当するのか確認してから、設置作業に入ると効率的です。

 

このように計測したいページ全てにコードを貼り付ければ作業は完了です。

 

3まとめ〜タグの設置は解析のカナメでありスタート!!

 

 以上のように、トラッキングコードはGoogleアナリティクスでデータを計測する大前提であり、データはアクセス解析のカナメです。コードの設置にミスや漏れがあれば、当然計測されるデータも誤ったものになってしまい、結果、有効な解析を行えなくなってしまいます。


 地味な作業ではありますが、アクセス解析の良いスタートを切れるように、丁寧に作業してみてください

【初心者向け】Googleアナリティクスの基本用語を解説!

Googleアナリティクスを導入し、いざ画面を見ても「日本語で書いてあるのに用語の意味がさっぱり分からない!」なんてこと、特に初心者の方は思い当たることがあるのではないでしょうか。そこで、今回はGoogleアナリティクスの基本用語について、みなさんがよく使うであろう「ユーザーサマリー」と「集客チャネル」に登場するものを中心に説明していきたいと思います。

 

ユーザーサマリー画面の用語

 Googleアナリティクスにログインし、「すべてのウェブサイトデータ」>「ユーザー」>「サマリー」と順にクリックしていくとこの画面になります。

 ユーザーサマリーの画面では、主にサイトを訪問したユーザーについての情報がわかります。主要な基本用語は以下の通りです。

 

○セッション

 セッションとは、「サイトの訪問数」です。

サイトに入って出るまでの流れを1セッションとカウントします。また30分間操作をしなかったり、夜中の0時を跨いだり、参照元が変わった場合などに「セッションが切れた」と判断されます。

 

○ユーザー

 ユーザーとは、「一定の期間内にサイトに訪問した人の数」です。

人単位で計測されるため、一定の期間内であれば、何度サイトに訪問してもユーザー数は「1」となります。

 

○ページビュー数

 ページビュー数とは、「サイト内で見られたページの数」です。

よくPVとも呼ばれます。ページが表示されるとカウントされ、同じセッション内でも、2回見た場合はPV数「2」となります。

 

○直帰率

 直帰とは、「サイトを1ページだけ見て何もせずに他のサイトに離脱してしまう、もしくはブラウザを閉じてしまうこと」です。

そして直帰率とは、全セッションの中で、このように「直帰」したセッションの割合のことです。

 

集客チャネル画面の用語

 こちらは「集客」>「すべてのトラフィック」>「チャネル」の順にクリックすることでこの画面になります。

集客チャネルの画面では、サイトの訪問者がどこから来たのか、等の情報がわかります。主な基本用語は以下の通りです。

○Organic Search

 Organic Searchとは、Google検索などの自然検索からのセッションのことです。

 

○Paid Search

 Paid Searchとは、検索連動型広告からのセッションのことです。具体的には、検索した後、文字広告をクリックして流入したセッションということになります。

 

○Referral

 Referralとは、他サイトからのセッションのことです。具体的には、他サイトにあるリンクをクリックして訪問した場合などがこれにあたります。

 

○Social

 Socialとは、ソーシャルメディアからのセッションのことです。みなさんになじみの深いFacebookやTwitterからの流入が該当します。

 

○Email

 Emailとは、読んで字のごとく、メールマガジンなどから流入したセッションを指します。

 

○Direct

 Directとは、直接サイトに来たセッションのことです。例えば「お気に入り登録」からサイトに訪問する場合や、URLを直接打ち込んだ場合などが挙げられます。

 

 

用語は徐々に慣れていくので、安心を!

 基本用語の解説は以上です。はじめのうちは一度読んだだけではわからないこともあると思います。しかし、用語は大体理解したら、あとはGoogleアナリティクスを使っていく中で、徐々に慣れていきますので安心してください。それでもわからないことがあったらもう1度、解説に立ち戻ってみるといいでしょう。最初に読んだ時よりも理解が進み、レベルアップした自分に気付けるかもしれません。

Googleアナリティクスで目標(コンバージョン)設定をする方法【簡単】

突然ですが、みなさんはGoogleアナリティクスで「目標設定」はしていますか?

Googleアナリティクスを導入し、アクセス解析を始めたものの、

・「何を目指してデータを見ればよいか、いまいちわからない」

・「目標設定という言葉は知っているけれども、具体的にどうすればよいか、方法がわからない」

 という方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな悩みを持つ方に向けて、目標設定の意味とその方法について説明していきたいと思います。

 

目標(コンバージョン)設定とは?何のために目標設定をするか?

 

Googleアナリティクスにおける「目標設定」とは、簡単に言えば、そのサイトの目的となる指標を設定し、それを計測できるようにすること、といえます。

それでは、なぜこのような目標設定が重要とされるのでしょうか。

例えば、あなたに、「自分のサイトの会員登録数を増やしたい」という目的があったとします。当然、会員登録数を増やすためにはサイトを改善する必要が出てくるのですが、やみくもに作業をするのでは無駄な労力をかけてしまうおそれがあります。

そこでまず現状を把握し、どれくらいの訪問者が、どのような行動を経て「会員登録完了」のページに進んだか、計測することが必要となってきます。

なぜなら、そのようなデータを活用し、目標につながるページとそうでないページを見分けることで、より成果につながるような改善が実施できるからです。

つまり、「目標設定」は、より成果に直結するような「サイトの改善」をするために、必要不可欠ということになります。

 

Googleアナリティクスで設定可能な目標(コンバージョン)は?

さて、具体的にはGoogleアナリティクスでどのような目標が設定できるのでしょうか。主に以下の3つがGoogleアナリティクスでよく使われる目標設定といえます。

 

1 到達ページのURL

これは、スタンダードかつ最もよく使われる目標といえます。たとえば「購入完了」「会員登録完了」などの時に表示されるページのURL、いわゆる「到達ページ」のURLを設定し、そのページが見られることが目標となります。

 

2 イベント

イベントとは、広告のクリック、ファイルなどのダウンロード、スマホなら電話ボタンのタップなどの、ユーザー行動のことです。イベントを目標設定するには、一般のやり方ではなく、イベントトラッキングという設定が必要になります。やや発展的な目標設定なので、特に初心者の方は「そんなこともできるのか」という程度に思っていただければ問題ありません。

 

3 滞在時間・ページビュー数

滞在時間とは、「セッションが一定時間以上継続すること」を目標とするものです。例えば、「3分間以上滞在」などのように設定します。

 ページビュー数とは「一定数以上のページが見られた」ことを目標とするものです。例えば、「3ページ以上」などのように設定します。

 これらの目標をブログやメディアサイトなど、記事を閲覧してもらうサイトにおいて目標設定されることがあります。

 

目標(コンバージョン)設定の具体的な方法は?

それでは、目標設定の具体的な方法について、図も交えながら説明していきます。ここでは例として最も一般的な、「到達ページのURLを目標とする設定を取り上げます。

 

1 Googleアナリティクスにログインしたら、「全てのウェブサイトデータ」>「管理」の順にクリックします。

2 次に「ビュー」の欄にある「目標」をクリックし、新しい目標」を選択します。ちなみにここから3ステップ踏むことになります。

  1. まず、「①目標設定」のステップです。「カスタム」にチェックマークを入れ、「続行」をクリックします。

  2. 次に、「②目標の説明」のステップです。「名前」の欄に、自分の目標の名前をわかりやすく記入しましょう。そして「タイプ」「到達ページ」にチェックを入れ、「続行」をクリックします。

  3. 最後に「③目標の詳細」のステップです。「到達ページ」の条件を「等しい」に設定し、あなたが目標とするページのURLを記入しましょう。

例えば、目標とする「会員登録完了」のページのURLが「www.AAA.com/complete.html」

だった場合、「/complete.html」を記入することになります。

上記の記入が終わったら、「保存」をクリックし、目標設定は完了です。これで、以後Googleアナリティクスで設定した目標に関するデータが計測できます。

お疲れさまでした!

目標設定はうまくいきましたか? 自分のサイトにあった目標を設定すれば、より有効なアクセス解析が可能となってきます。最初は慣れずに難しいかもしれませんが、徐々にできるようになるので、頑張ってください!