【5分で読める!】Googleアナリティクスとは?

近頃、日常生活においても、ビジネスにおいてもインターネットを利用する機会がますます増えています。そんななかで誰しも「データ利用」や「アクセス解析」なんていう言葉を1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

本記事ではそんな「アクセス解析」に必須ともいえるツール「Googleアナリティクス」について、基礎から紹介していきます

 

そもそもGoogleアナリティクスって何?

1_1

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する高機能かつ無料のアクセス解析ツールです。導入方法は簡単でGoogleアカウントさえ取得すれば、無料で利用することができます。

なお、このGoogleアナリティクスにはプレミアム版(有料、月130万円~)が存在し、無料版に備わる高機能と利便性をさらに充実させ、強化したものとなっています。無料版との違いはおおまかに2点あります。

 

第1にデータについて。有料版では、データ量の制限が緩和されており、

サンプリングされていないデータにアクセスできるほか、データの更新も高速になっています。莫大なデータを扱う企業の利用にもこたえるようになっています。

 

第2は、サポートについて。有料版では、緊急時の時間外対応を含む、充実したサポートが提供され、さらに有効に利用することができるようになっています。

Googleアナリティクスで何ができる?何がわかる?

 1_2

それでは次にGoogleアナリティクスを使って、何ができ、何がわかるのでしょうか。

 

答えはすなわち、あなたのサイトにどれくらい人が来て、どのような行動をしたかがわかる、といえます。

このような客観的なデータがわかれば、たとえばどのページが人気か、どのような層のユーザーが来ているかがわかり、そこから自分のサイトを改善していく方針も立てることができます。そしてサイトの改善を施せば、さらに訪問者数を伸ばしたり、商品の購入者数が増えたりと、自己が目標とするものへともつながっていくでしょう。

 

では具体的にはどのような情報が得られるのでしょうか。Googleアナリティクスでは利用者と対象サイトを登録し、対象サイトにタグを埋めることで、主に以下のような情報を得ることができます。

○どれくらいの数か

・訪問者数

・閲覧ページ数

・サイトでの滞在時間・訪問回数・訪問頻度

・広告クリック数と収益

○どのような行動か

・サイト内をどのように移動しているか

・どのようなサイトを経由して対象サイトに来ているか

・どのようなキーワードで検索してサイトに来ているか

・対象サイト内で最初に開いたページと最後に開いたページ

・使用しているデバイス(パソコンorスマホorタブレット)

 

Googleアナリティクス自分でも使えるかな?」という方へ 

 

これまで見てきたように、Googleアナリティクスは無料にもかかわらず、高機能であり使いこなせればアクセス解析の強い味方となってくれます。

一方で、様々なことができるということは、特に初心者の方にとっては「どこから手をつけたらいいのかわからない」ということにもなってしまうとも思います。

もちろん本稿のような解説記事を読み、勉強してGoogleアナリティクスをマスターしてすることも可能ではあるのですが、マスターするには膨大な時間も労力もかかってしまうことは否定できません。

 

そこでGoogleアナリティクスと併用して利用できるツールとしてひとつ、株式会社WACULの提供するアクセス解析ツール「AIアナリスト」を紹介します。

無料ウェブ解析の「AIアナリスト」

無料ウェブ解析の「AIアナリスト」

同社の提供する「AIアナリスト」は、Googleアナリティクスと連携するだけで、Googleアナリティクス上のデータを人工知能が自動で分析し、サイトの改善点まで提示してくれるもので、無料で利用登録できます。WEBのプロの知見をもとに開発されたこの「AIアナリスト」を使えば、Googleアナリティクス初心者の方でも、難しい勉強をする時間と労力を節約したまま、Googleアナリティクスを最大限活用できると思います。「AIアナリスト」、導入してみてはいかがでしょうか。